理想の老後の過ごし方

こんにちは。momocoです。

 

今回は以前私が見つけたある方のツイートを紹介しつつ、これまでと今の「こういう老後過ごしたいな~」という理想の変化について書いていきます!

 

 

目次

 

吉藤オリィさんについて

冒頭で話したある方というのは、吉藤オリィさんこと吉藤健太郎さんという方です。

 

オリィさんは自身の不登校の経験をきっかけに、「孤独の解消」をテーマにロボットの研究をされている方です。現在は株式会社オリイ研究所の代表取締役CEOをされています。私は約1年前にたまたま一度だけ講演会を聞く機会があり、この前ふと思い出してTwitterを見ているところある投稿が目にとまりました。

 

吉藤オリィさんのツイート

 

私がこの投稿に目が止まったのはオリィさんがこのツイートで投げかけている疑問がまさに私の心の中にもどこか漠然と存在していたからなのでは、と思います。

 

この投稿に返されている1000以上のリプを読み進めていけばいくほどとてもわくわくした感覚を今でも覚えてます!例えば、40代でフルマラソン完走だとか、35を過ぎてから法事で出てくる仕出し弁当が美味しく感じるだとか。

 

私の一番のお気に入りは、田舎のおばあちゃんのお話です。 

 

ここからは少し余談になりますが、、

 

私は今回のような投稿を見るのはとてもわくわくするのですが、若者のSNS投稿にはあんまりです。笑

見るのだけでなく自分が投稿するのにもほぼ興味がありません。TwitterInstagramなど媒体問わずです。

 

人からおしゃれと思われるような写真写りだとか人からの評価に考えが集中し過ぎて、自分自身が楽しむことが置き去りになってるような...「いいなあ」という印象もありますが、それよりもその奥にある承認欲求や自己顕示欲というのを強く感じてしまいます。

 

自分が可愛く撮れた写真やお洒落なご飯の写真にテンションは上がるのですが、そこからSNSで人に共有したいという感情はあまりありません。人から高く評価されることを追い求めてしまうより、自分自身がわくわくすることを純粋に楽しみたいなと思います。あと、その場に一緒にいる人とは気持ちを共有したいなって思います。

 

(誤解がないように補足ですが、決してSNS投稿が悪いということではなく、単に私自身の興味にははまらなかったということです!)

 

話が逸れてしまったので、戻しますね。

 

私の理想の老後-これまでと今の理想の変化-

今までは、老後は旦那さんと田舎の一軒家で基本的に家でまったりして、たまーに何かのレッスンに通ってお友達と遊んでゆったり暮らせたらいいなーってイメージでした。今でも田舎の一軒家のイメージは変わってませんが、お家でまったりというより旦那さんとどこかの島一周サイクリングとかしたいなっていうばりばりアクティブな余生に急転換しました。

 

あとは、将来孫から「若い時だけじゃなくて老後の人生も悪くないな」って思ってもらえるようなおばあちゃんになりたいです。

 

今まで抱いていた理想は完全に自分のおばあちゃんの影響です。身近な存在の人の影響って大きいものなんだなと実感します。就職活動をしている時に、友達とどういう働き方をしていきたいかっていう話を聞いていると両親の影響が大きい印象を受けました。小さい頃から見てきた両親の姿で無意識的に「大人になったら自分もこういう風になるんだろうな」と感じ、それが自分の中でのイメージとなっているんだと思います。

 

例えば、結婚・出産後も仕事をしているお母さんだと自分も将来は働き続けるイメージで、専業主婦をしているお母さんだと仕事をするのは結婚までって考えている傾向がありました。

 

老後の過ごし方の話に戻りますが、今持ってる理想は今回紹介したツイートに対する数々の返信の影響をがっつり受けてます。笑

家族や親戚だけでなくいろんな人の人生や価値観を聞くと、今まで見えていなかった選択肢が出てきて楽しいなって思います。

 

ここではごく一部だけリプを紹介しましたが、気になった方はぜひTwitterからチェックしてみてください。

 

最後に

後日吉藤さんがツイートしていたのがこちらです。

 

 

この50年で日本人の平均寿命は約10歳伸びています。長く生きられるそんな時代だからこそ、皆さんも理想の老後をこれを機に考えてみてはどうでしょうか?

 

どうせ長く生きるなら、人生の連続ログインボーナスで楽しく生きたいですよjね

 

では今日はこの辺で。

 

momoco